かゆみの本質

「かゆみ」という感覚を文字で言い表すと、 「皮膚の違和感を排除しなさい。そうすると気持がよいですよ。」 というようになるそうです。 このかゆみの感覚は、本能からの指令で起こるもので、 脳の中では、大脳皮質の主として頭頂葉の一部で感じることが、 現在の大脳生理学で解明されています。 そして、かゆみは、虫刺されや蕁麻疹、かぶれのように、 明確な発疹などの皮膚症状がないのに、 「なんとなくかゆい。」ということもあります。 つまり、かゆみには、必ずしも皮膚の異常が 伴うものではないのです。 このような事から、かゆみは、「末梢性のかゆみ」と、 「中枢性のかゆみ」の二つに大きく分けられています。 しかし、・・・

末梢性のかゆみ

末梢性のかゆみは、皮膚に何らかの発疹があってかゆくなるものをいいます。 基本的に、皮膚の外見的な異常が目で見てわかります。 抗ヒスタミン剤に効果があります。

中枢性のかゆみ

中枢性のかゆみは、皮膚には明らかに発疹がないのに、 かゆくなるものをいいます。 透析や黄疸、糖尿病の患者さんなどは、 「ただなんとなくかゆい、どことなくかゆい。」 という症状を訴えます。 しかし、かいたことによって赤くなっている以外、 皮膚には何の異常も見られません。 そして、抗ヒスタミン剤にも効果がありません。

抗ヒスタミン剤が効かないかゆみ

皮膚細胞には、ヒスタミンレセプター(受容体)とよばれる ごく小さな器官があります。 このヒスタミンレセプターにヒスタミンが結合すると、 かゆみをつかさどる神経を介してパルス(信号)が送られ、 脳が受け取り「かゆみ」を感じます。 レセプターには、様々な種類があります。 しかし、基本的には、一対一の対応であり、 他の化学物質が結合しても反応しません。 ですから、レセプターさえブロックすれば、 かゆみは伝わってきません。 このレセプターをブロックする働きをするのが、 抗ヒスタミン薬です。 末梢性のかゆみの場合は、抗ヒスタミン薬に効果があります。 中枢性のかゆみの場合は、神経を伝わってくるパルスがない・・・

かゆみ全般に効く魔法の薬

かゆみに悩んでいる人、また、その悩んでいる人を見ている家族、 そして、治療をサポートしている医療関係者・・・ だれもが、辛いかゆみ全般に効く魔法の薬があったら どんなにいいだろうと思うはずです。 しかし、かゆみ全般に効く魔法の薬はありません。 医療機関では、患者さん一人ひとりのかゆみの原因を突き止め、 それを除去する手段を講じていかなければ、 かゆみを治すことができません。

モルヒネとかゆみの関係

中枢性のかゆみの場合、脳内物質の「エンドルフィン」という モルヒネに似た物質が血液中に増えているということが、 近年になってわかっています。 そして、この脳内物質の「エンドルフィン」が、 かゆみと関係しているということが分かってきました。 脳内物質の「エンドルフィン」は、多幸性を感じさせる 脳内モルヒネです。 しかし、他方でかゆみを増すという恣意的な物質であることがわかったのです。

モルヒネの副作用としてのかゆみ

モルヒネは、一般的によく知られている天然麻薬です。 末期がんの患者さんの、がんの痛みを取除く目的で、 医療機関で用いられています。 しかし、このモルヒネを鎮痛剤として用いると、 痛みはとれても、かゆみを生じるということがあります。 これはモルヒネの副作用ともいえる作用ですが、 しかし、モルヒネを用いることによって、 新たなかゆみが生じたということではありません。 かゆい部分に痛みを加えると、 かゆみを一時的に忘れることができます。 これは、かゆみよりも痛みのほうが優先的に感じるからです。 つまり、皮膚において、がんによる強い痛みとかゆみの 両方が発生していたとしても、脳は痛みだけを認識するので・・・

中枢性のかゆみに効く薬

中枢性のかゆみは、どれも未だに、末梢性のかゆみほど解明されていません。 ですから、皮膚科専門医でも、その対処法に頭を悩ませています。 脳内物質とかゆみの関係は、皮膚に目立った所見がないにもかかわらず、 かゆみが出現する病気「皮膚掻痒症」で知られています。 たとえば、黄疸による皮膚掻痒症の患者さんの血液検査をすると、 エンケファリンというモルヒネ様脳内物質が 血中で増えていることが確認できます。 また、皮膚を黄色くしてしまう胆汁酸という物質も、 かゆみを起こすことが知られています。 さて、近年の研究では、 中枢性のかゆみを引き起こす「生体内のモルヒネ様物質(エンドルフィンなど)が 結合するレセプ・・・

中枢性のかゆみとモルヒネの関係

中枢性のかゆみには、モルヒネや内因性のモルヒネ様物質が 深く関係しています。 モルヒネは、末期がんの患者さんにとって欠かせないといってよいほど、 痛みの緩和に効果がありますが、 発疹やかゆみなどのアレルギー症状のために、 モルヒネが使えなくなることもあります。 モルヒネが怖い!といわれているのは、禁断症状が出るからですが、 禁断症状は、痛みの緩和のために使い続けている限り 禁断症状は出ません。 また、モルヒネが必要なくなった場合は、徐々に減らしていくことで、 禁断症状が出ないようにコントロールすることも可能です。 モルヒネの安全で有効な使い方は、 世界的に確率されていますから、がんで痛みのある・・・

アトピーは難病?

アトピーのかゆみは、皮膚の症状からくる末梢性のかゆみだけではなく、 中枢性のかゆみも同時に伴うので、厄介だといわれています。 そして、単に皮膚炎の症状がかゆいというだけでなく、 イライラしたり、ストレスを感じると、心因性のかゆみが出ることもあります。 イライラしてかゆくなり、かゆみをストレスと感じるので さらにかゆくなる・・・ということが繰り返され、 アトピーが原因で、うつ病や神経症のようになってしまう人もいるほどです。 このようにアトピーは、心の状態によって悪化もしますし、 好転もします。 さて、「アトピーは難病である。」と思われています。 それは、中枢性のかゆみと、末梢性のかゆみの 両方の・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ