脳におけるかゆみの閾値が下がる

脳における閾値(いきち)とは、
ある刺激による神経の興奮が一定の水準まで達すると、
知覚として感じられる興奮の最小値のことです。

そして、閾値が上がればかゆみは感じにくくなり、
下がればちょっとした刺激でもかゆくなります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ