サプスタンスP

サブスタンPという物質は、かゆみを増幅させる物質です。

本来、サブスタンPは、痛みに関与する物質で、
皮膚では、紅斑を作る働きをしています。

また、マスト細胞を脱顆粒させる働きもありるので
ヒスタミンなどの様々な化学物質が放出され、
かゆみが強くなります。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ