アレルギーを引き起こす抗体

マスト細胞は、身体を防御する軍隊のような免疫の一部をつかさどるものです。

そして、本来は、自らの身体を防御するための働きを担っているマスト細胞が、
人体に害を及ぼすことになってしまうのは、
アレルギーが関与しています。

IgE抗体

私たちの体の中には、「抗体」というものがあり、
この抗体は、体外から侵入したウイルスや細菌などを
攻撃するという仕事を担っています。

この抗体は、医学的には「免疫グロブリン(immunoglobulin)
と呼ばれていて、表記するときは「Ig」と表します。

そして、抗体(Ig)には、「IgA」と「IgD」、「IgE」、
「IgG」、「IgM」の5種類があります。

ミクロの世界で見てみると、抗体はアルファベットの「Y」のような形をしていて、
ウイルスなどが侵入すると、Yの上の部分がウイルスに結合します。

すると、ウイルスを殺す白血球等がそれを標的にし、
集い、ウイルスを破壊します。

さらに、抗体が敵を発見し、敵をマーキングして、
白血球やその他の免疫物質が二次的に反応し、これを撃滅します。

この反応を「抗原抗体反応」と言います。

抗体が少なければ、外敵を見つける能力が下がり「免疫不全」
という状態になります。

まさにAIDSの患者さんは、この「免疫不全」の状態になっています。

さて、主としてアレルギーを起こす抗体は「IgE」です。

人が強く進化するためには、
免疫反応としての役割として必要だったと思いますが、
現代人にちとっては、「IgE」抗体は、
余計者的な存在となっているといっても過言ではないでしょう。

なザなら、花粉に対するアレルギーなどは、
全く不要だからです。

アレルギー体質の人のIgE抗体の量は、
健康な人に比べるとかなり多くなっています。

IgEに限っては、量は少ないほうがよいのですが、
どれだけ量が多くても、それだけでアレルギー症状は起こりません。

原因物質と反応して、初めてアレルギーが起こります。

また、一口にIgEと言っても、様々なタイプのIgEがあり、
たとえば、花粉のアレルギーはあるけれど、
海老や蟹のアレルギーはない・・・など、
アレルギー体質の人すべてが、あらゆるアレルゲンに反応するわけではありません。

IgEが反応する場合、「Y」のような形をしているIgEの先が反応し、
マスト細胞の脱顆粒がおきると、アレルギー反応が起こります。

このしくみを「クロスリンク」と言います。

「Y」のような形をしているIgEは、
両手を広げた状態で、足をマスト細胞につけ、アレルゲンを待っているのですが、
脱顆粒するのは、アレルゲンが同時にIgEの「Y」の形の上の部分の二つに
結合したときだけです。

ですから、アレルゲンの量が少なければ脱顆粒はしません。

また、アレルゲンが大量だったとしても、IgEが少ない場合も脱顆粒しません。

たとえば、花粉症の人が、マスクをしたり、サングラスをかけるなどして、
アレルゲンが体内に入る量を少なくすると、
アレルギー症状が軽く済むのはこのためです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ