マスト細胞の分布

マスト細胞の量に目を向けてみると、
アレルギー体質でなければそれほどたくさんいるわけではありません。

アレルギー体質でない人は、ポツポツと分布している程度です。

ですが、アレルギー患者の人をみてみると、
全身のいたるところに高密度で分布しています。

そして、マスト細胞は、血液中にもありますが、
殆どは皮膚に存在しています。

また、軌道粘膜にも多くマスト細胞がいて、
アレルギー反応が起きると脱顆粒するため、息苦しくなります。

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ