ヒスタミン

私たちヒトの体には、外界の変化を察知するために、
様々な知覚神経が張り巡らされています。

そして何らかの異常を感じると、
その信号が脳に伝わり、様々な対応をします。

この仕組みは、全て、神経末端のレセプターに、
化学伝達物質が結合することから始まります。

ヒスタミンレセプター

もし、レスタミンのレセプターが存在しなければ、
大量のヒスタミンがあったとしても、かゆみは起こりません。

なぜなら、ヒスタミンレセプターは、
ヒスタミンが結合したときにだけ信号を送るからです。

たとえば、痛みを起こす化学伝達物質はたくさんありますが、
かゆみを起こす化学物質は、殆どがヒスタミンであり、
ヒスタミンはかゆみに対して、最強の化学伝達物質です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ