中枢性のかゆみとモルヒネの関係

中枢性のかゆみには、モルヒネや内因性のモルヒネ様物質が
深く関係しています。

モルヒネは、末期がんの患者さんにとって欠かせないといってよいほど、
痛みの緩和に効果がありますが、
発疹やかゆみなどのアレルギー症状のために、
モルヒネが使えなくなることもあります。

モルヒネが怖い!といわれているのは、禁断症状が出るからですが、
禁断症状は、痛みの緩和のために使い続けている限り
禁断症状は出ません。

また、モルヒネが必要なくなった場合は、徐々に減らしていくことで、
禁断症状が出ないようにコントロールすることも可能です。

モルヒネの安全で有効な使い方は、
世界的に確率されていますから、がんで痛みのあるときには、
無理をせずモルヒネを使うことを考えてよいのですが、
耐え難いかゆみの出現のために、モルヒネが使えないということもありうるのです。

いずれにしろ、かゆみも痛みも、感じ方は人それぞれです。

信頼できる医師と相談をしながら、
痛みやかゆみの程度、その効果に応じて処方し、使って行く事が必要です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ