モルヒネとかゆみの関係

中枢性のかゆみの場合、脳内物質の「エンドルフィン」という
モルヒネに似た物質が血液中に増えているということが、
近年になってわかっています。

そして、この脳内物質の「エンドルフィン」が、
かゆみと関係しているということが分かってきました。

脳内物質の「エンドルフィン」は、多幸性を感じさせる
脳内モルヒネです。

しかし、他方でかゆみを増すという恣意的な物質であることがわかったのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ