かゆみには正しい知識で対応する

かゆいときには、本能に従って、自由にかけばよいと思うかもしれません。

かゆみは、皮膚の異常を知らせる感覚であり、
かくことによってその異常を排除する知覚です。

ですから、異常を感知するという意味で、
欠かすことのできないとても大切な知覚であるといえます。

ですが、たとえばアレルギーのように、
かく事によって、かゆみが解決できない疾患も多く存在します。

我慢できないかゆみに襲われれば、
誰でもかいてしまいます。

ですが、かくことをやめなければ、ヒトの体は傷つきます。

ですから、かきたい欲求に流されない事が必要です。

「かゆい。」と感じると「かきたい」と感じます。

そして、かくと「気持がよい。」と感じます。

すると、どんどんかいてしまい、皮膚を傷つけてしまいます。

出血したとしても、またかゆくなるとかいてしまいます。

すると、傷はなかなか治らず、少しの刺激で
「かゆい。」という感覚が生じる様になってしまいます。

「かゆい」からといって、本能でかくのではなく、
正しい知識を持って対処しなければならないのです。

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ